November 30, 2010
たけしとひとし

tkshts1.jpg

日本テレビ。汐留。

収録開始ぎりぎりに着いた僕は、受付で入館証を手に入れると
誰もいない静かな廊下を横切って、慌てて、エレベーターに飛び乗った。


スタジオのある階、「13」のボタンを押して、1人エレベーターで、ひと呼吸。

誰も乗っていないエレベーター。
出演者でもないのに、緊張してくる。


なぜなら、実現しないと言われていた、お笑い界のボス猿2人
北野武......いや、ビートたけしさんと、松本人志さんの、バラエティのツーショット。


「たけしとひとし」という番組の収録が、この後、始まるからだ。


僕は、その歴史的な瞬間の立ち会いのためにやってきた。


世間的にもそうだろうけれど、僕にとっても、この2人は、お笑い界の神だ。

その2人の出会いという、歴史的な瞬間が、もうすぐやってくる。

僕は、ただ、それを見るためだけに、ここにやってきた。


「2人は、どんな空気で、どんな間合いで、なにを話すのだろう......」

なんて、考えていたら、エレベーターは13階に到着して、ドアが開いた。


......と、松本人志さんが、そこにいた。


たまたま、収録スタジオ入りの時間が重なってしまったようで

非常にヘンな状況ではあるが、松本さんたちと一緒に僕はスタジオへ向かう。

一言も発しないまま歩く、松本さんの背中を見つめて、僕も歩く。

数人の足音だけが、冷たく乾いて響く。


しばらく歩くと、収録スタジオの入口に着いた。

松本さんは、そのまま中へと入っていくが
さすがに僕も一緒に入っていくのはどうかと思い、スタジオのドアの前で立ち止まる。


そして、わずか数分後、ふと気配を感じて、左を向くと、廊下の向こうから
北野武......いや、ビートたけしさんが、やってくる。


これまた凄いタイミングに来ちゃったなあ、と思いながらも
たけしさんがやってくるのを、ドアの前で待つ。


僕の前で向きを変え、収録スタジオへと入っていく、たけしさん。
まだ収録前の、そのスーツ姿は、まるで映画の彼、北野武だった。


松本人志さんが、無言で、スタジオへ入っていく。

その僅か数分後、たけしさんが、無言で、スタジオへ入っていく。


非常に不思議な話ではあるが
自分とは違う山の、ボス猿に会おう、とスタジオに入っていく2人は
なんだか、同じような空気を纏っているように感じた。


その数分後、バラエティ番組「たけしとひとし」の収録は始まった。


数多くのライトに照らされ、スタジオで笑いが起きる。

「OFF」の世界から、あっと言う間に「ON」の世界に変わる。

「手探り」の時間は、短かったように感じた。
互いが、互いのバランスと役割を確認し、ゆっくりと滑り出していく。
2人ともが、とてもシャイで、人見知りであることが、凄く伝わってくる。


2人は、お笑いの世界の「ボス猿」同士だ。

長い年月をかけ、それぞれの猿山の戦争に勝ち残ってきた2人。

その2人のボス猿が、一緒の山に登ろうということである。

しかし、それは見事なタイミングの取り合いであった。


相手に譲るタイミングと、自分が出ていくタイミング。

その態度と間合い、そしてトーク自体が、互いの自己紹介を兼ねる。


ボス猿同士が、2人でどう山へ登っていくか、という確認の時間は
オープニングトークという、僅か数分の間に、終わったように見えた。

それからは、まるで、先週も会った2人、のように番組は進んでいく。


僕はたった30分ほど番組を見学して、スタジオを後にした。


僕を現場に誘っていただいた、日テレの土屋さんからは

「2人がバラエティ番組で出会う、ファーストコンタクトの瞬間をぜひ、目撃してくれ」
と、言われていた。

ファーストコンタクトの瞬間どころか、2人がスタジオ入りするときの表情
その空気まで現場で捉えることができたのは、僕だけだったのではないだろうか。


偶然ながらも、非常に有り難い、歴史的な瞬間に立ち会わせていただいた。

tkshts2.jpg

ビートたけしと、松本人志が、初めてタッグを組んだ番組

「たけしとひとし」は、日本テレビ系で12月10日(金)19時から放送とのこと。


表面的には、強力なツートップによる、バラエティ番組なのだが
ぜひ、「ボス猿同士が出会った、最初の数分」を、鋭く見つめていただきたい。


多少、テレビ一般的には、無駄と思われるかもしれない空気が流れようと
ぜひ、その空気が伝わるよう、無理に編集せずに放送されることを、祈るばかりだ。

tkshts3.jpg

あまり言ってしまうと面白くないので、1つだけ。

ボス猿同士が出会ったそのオープニングトークで
僕は、どのように、どちらから、相手の懐に入っていくのだろう、と
マニアックな目線で見つめていたのだが、その瞬間があった。


松本人志さんが、「今日の収録は長いんですよー」、と言う。


「今日、水道橋博士が、出演するって聞いてるんですけど
 さっき見たら、博士、まだ、大阪の読売テレビの生放送に出てましたからねえ」


スタジオはどっと笑い、たけしさんの表情が変わる。


水道橋博士さんは、ビートたけしの追っかけから弟子になった人である。
たけしさんからすれば、自分の猿山の猿の話だ。


スタジオを笑いに包みながら、収録の空気感をコントロールし
お笑い界の先輩であり、巨匠の心を、ふっと緩くさせることに成功した
そのトークのテクニックは、流石あっぱれ、天才の技を見た。

Posted by eno at 04:28 AM
November 18, 2010
『気になること。6』、もうわずか。

kininaru6_attention.jpg

もうずいぶん、寒くなりましたね。

今年は、4月に震えるほど寒い日が続いたり、夏は超猛暑だったりと
10年前と同じ場所に住んでいるとは思えない
そんな変化を、リアルに感じられる年でした。

とか言うと、なんだか年末モードに入っちゃったみたいで
そっちにいってしまうのは、いやだったりするのですが。。


さて。

ヨシナガさんのトークイベント、『飯野賢治とヨシナガの「気になること。6」』が
ついにこの週末(11月20日(土))に、迫っているわけですが

ありがたいことに、「通し」のチケットはソールドアウトしまして
「夜のみ」のチケットも、もう数枚を残す状態となりました。


まいどまいど、当日になると
「行こうと思ったのにチケットがないよー!」と言われることもあり
最後のアテンションとして、お伝えしておこうかと思いまして
本、ブログを書かせていただいております。 (-:


とはいえ、数名がチケットを購入したら
「夜のみ」のチケットも、ソールドアウトしてしまうくらい
ほとんど、残り枚数がなかったりもするのですが
参加しようと思ってくださっている方は、ぜひ。

これがラストチャンスだと思いますので (-:
宜しくお願い致します。


「通し券」はなくなってしまいましたが、若干値段の割引があるだけで
「夜のみ(本編)」+「深夜の打ち上げ」の両方を取っていただければ
通し券と同じように、夜から朝まで楽しめます。


スタートが7時(開場は6時)ですので
「そんな早い時間から参加できないよー」という人も
いらっしゃるかと思いますが、本編が終わって、24時から(開場は23:30)
「打ち上げ」と名付けられた、「深夜の部」がありますので
そちらだけでも、ぜひ参加くださいませ。
深夜の部のほうは、まだまだチケットに余裕がございます。


チケットは、ローソンチケット:全国のローソン(Loppi)で購入できます。

Lコード:33150(本編) 33153(打ち上げ)


或いは、オンラインで購入もできますので、ぜひ下記へ。

<<ここをクリックすると、ローソンチケットのサイトへジャンプします>>


今回のトークイベントに関して、チケットの購入方法など含めた
詳しい情報は、下記に書いてありますので、詳細はそちらを。

<<ここをクリックすると、本イベント告知ページにジャンプします>>


もう週末......っていうか、明後日なんですよね。。


それでは、新宿のロフトプラスワンでお会いしましょう!


朝まで、盛り上がりましょう!


楽しいっすよ。

Posted by eno at 07:00 PM
November 17, 2010
僕はいま、なにをやっているか。

kenjienowikipediaen.jpg

「いま、なにをやってるんですか?」とよく言われる。


馬鹿にしながら観にいって、いつの間にか映画館で涙を流していた
『いま、会いにゆきます』という映画のことを、久しぶりに思い出したが
「いま、なにをやってるんですか?」と訊かれることがある。


「いま、こんな仕事やってるんですよー」と、どこかで発表することもないし
このブログでも、過去なんどかはあったと思うけど、滅多にないし
雑誌のインタビューとかラジオの出演だったり、そういうときに訊かれたら
答えてはいると思うんだけど、広く伝わるようなものでもないので
そう思われるのも当然だと思う。


そう思われるのには、ほかにも大きな理由があって
それはきっと、以前は、ゲームの開発と出版をしていたからでしょう。
ゲーム業界でバリバリやっていたのに、いまどうしているんだろう?
ということだと思う。

その頃は、「いま、こんな作品を作っているんです」とか
頻繁にメディアに登場していたのに、ゲーム業界から離れてからは
そういう機会も少なくなったからね。
ゲーム業界から離れて、ロックミュージシャンでもやっていれば
また、違ったんだろうけれども。


どんなことをやっているのか、というのは、あとで簡単に伝えようと思うけれど
そもそも、なんで、どんな仕事をやっているかあまり伝えていないのだろう
ということを、自分なりに考えてみたので、それをまず。


1つは、「機密」の仕事が多いんですよね。
というか、ほとんどの仕事がそう。
僕がやっている仕事の場合、「新規立ち上げ」のプロジェクトが多いので
ベラベラベラと言えない、というのが大きな理由。
そもそも、機密保持契約が結ばれている仕事も多いんです。

例えば、いま現在やっている仕事も、そのほとんどが
「すでにあるサービスを、よくするための仕事」ではなく、「新規立ち上げ」の仕事です。
ですから、ほとんど秘密なので、言えないんです。


もう1つは、これはうまく伝えるのが難しいんですけれど
多くの仕事が、「僕の『作品』じゃないからなあ」という気持ちが大きい。

例えば、ゲームだったりすると、基本的に、僕がプロデュースや企画をして
場合によっては、グラフィックデザインや、音楽なんかもやって
もちろん、僕1人でぜんぶ作ることはなく、2人〜数十人で制作するんだけど
それでも、なんていうんだろ、「こういう作品が作りたい」というのは
僕の考えや、気持ちが発端になっているわけで、作品を届ける側の責任として
或いは、広報的な活動として、その内容というより
「気持ち」や「思い」を伝えることが多かったりします。

だけど、いまやってる仕事の多くって、そういう『作品』の類とは違うんですよね。


例えば、ABCという会社が、どこかに新しい交通網を立ち上げるとして
僕がその、改札システムとか、コミュニケーションに関する仕事を請け負ったとして
(そういう仕事が多いわけです、実際に)
仮にそれが機密保持もなんもなくて、少なくともオープンしてからは公になるので
「べつに言っていいよ」というものだったとしても、なんというか
「あのプロジェクトのこの部分、僕が考えたんですよー」なんて
わざわざ偉そうに言うものでもないかなあと、そう思ってしまうことが多い。

それでも、制作発表会みたいなものがあって、登壇したりすれば別なんですけれど。
例えば、コカ・コーラ社の仕事などは、そういう機会が与えられたので
名前も出たし、僕なりの考えとか思いを伝えたりもしたわけです。


似たようなものでは、数年前に、温泉旅館を作ったプロジェクトがあって
それに関しては、コンセプト設計から携わっているので、ある種、作品的な部分もあるし
少なくとも、「企画マン」的な人物は、ほかに外部でいないわけだし
有り難いことに大ヒットして、いまでも予約が取れない旅館だったりするので
正直、いまは「凄いだろ」と自慢したい気持ちもあったりするんだけど
オープン当初に思ったのは、「旅館」というものに、個人が見えるのは気持ち悪いと考えた。

よく、誰々プロデュースのレストランとか、誰々プロデュースのホテルとか
そういうのもあったりするけれど、あれ、僕には気持ち悪いんですよね。
お前の顔なんて思い浮かべながらご飯食べたくないよ、って思ってしまう。
そういう要素がないと、ヒットしない、っていうのもあるんだろうけれど
そもそも、そんなんじゃ長続きしないよ、って思うんですよね。
なもんで、旅館側の人たちには、口止めをしたくらいです。
僕の名前は出さないでね、と。

旅館とかホテルの立ち上げ、というのは、非常に面白く、やり甲斐のある仕事で
自信もあるんで、これからも、ぜひやってみたいんだけど、ポートフォリオとして
こんな仕事をしました、というのがないと、当たり前だけど、さっぱり仕事の依頼もないので
このあたりの仕事に関しては、やっぱり言わせてもらおうかなあとか悩ましかったりもします。


話が長くなりましたが、そんな理由で
「いまやっている仕事」が、あまり伝わっていないんです。


営業的な要素が強い仕事であれば、また違うんでしょうけれど
僕の場合、「こんな仕事やってくれ」と依頼されて、関わらせていただくことが多く
ほとんど、新規営業活動的なこともしておらず
有り難いことに、評判を聞いた別のクライアントから仕事の依頼があったりとか
仕事の成果を評価してもらって、同じクライアントから依頼されることが多いのです。
例えば、最も最近スタートした仕事だと(今月から)、そのクライアントとは久しぶりで
もう6〜7年前に仕事をして以来で、久々に仕事をいただきました。有り難い。

営業する気がないとか、やる気がないとか、そういうことでもなくて
以前は、それでも、企画を持ち込んだりしていたんだけど、あまりにも打率が悪い。
ちょうど、たまたま、その相手の企業が、そういったサービスを立ち上げようとしているとか
或いは、僕の能力の役割を求めていればよいんだけど、そんな偶然はめったにない。
なので、企画を考えたり、営業に行ったりする、無駄打ちの時間を取るよりも
その時間を、いま携わってる仕事に費やして、よい成果を上げたほうが
次の仕事とか、よい仕事、面白い仕事に繋がる、と思っているんです。
ま、そんなこと言ってられるのも、いまのうちかもしれないけれど。


と、ここで終わってしまっては、このブログの主題にまったく応えられていないので
もうちょっとだけ具体的に書いて、終わりたいと思う。


いまやってる仕事の100%は、クライアント様ありきの仕事です。
どの仕事も、クライアントから依頼を受けてやっています。

来年、1つやりたいアイデアがあって、それに関してはクライアントも見あたらないし
自前でやったほうが良い気もするので、もしやるなら、かなり久しぶりに
自発的に、自前でやる仕事になるかもしれないんだけど、現在はすべてクライアント仕事。


仕事の内容は、その仕事の対象と、クライアント様の依頼でさっぱり異なります。

この数年の仕事で、多い順番で言うと

1.サービスの企画とかコンセプト設計
2.ブランド&マーケティング
3.コミュニケーション設計
4.インターフェイスデザイン
5.クリエイティブディレクションとかグラフィックデザイン
6.音楽関係

という感じだと思います。

べつに、マルチクリエイターとか、そういうものを目指しているわけでもないし
どちらかというと、あまりそういうふうに見られたくないんだけど
依頼された仕事によって決まるので、いろいろ挙がるようになります。

あとは、バランスを取る、というのを非常に大事にしていて
例えば、マーケティングの仕事、と限定してしまうと、正直、苦しくなるわけです。
面白くて効果が大きいマーケティングのアイデアなんて、考えて考えて
ずーっと考えてやっと出るので、同時に2つも3つもできない。
それに関しては、才能の問題もあるんだろうし、もっと組織的にするという
方法もあるんだろうけど。

あと、バランスという意味では、オンラインと、リアルのバランス。
人によっては意外に思うかもしれないけれど、いわゆる「IT」的なサービスの仕事は
半分くらいしかありません。いま現在もちょうど半分くらいです。
オンラインとかリアルとか、分けて考えるのは、ちょっと古いと思うんだけど
そういう意味だけではなく、例えば、オンラインの仕事の依頼だったとしても
オンラインの世界で解決するのではなく、リアルとうまくバランスを取って
解決するような仕事が多かったりします。

あと、グラフィックデザインとか、音楽系の仕事は、比較的少ないので
どうしても、依頼があると嬉しくなって受けちゃうんですよね。
認められることが比較的少ないことを認められると嬉しいんでしょうね。
どちらも、いい仕事していると思うんですが。。


と、こうやって書くと、ばらばらな仕事をしているように見えるかもしれませんが
それは、そういうジャンルで区分しているからなんです。
上の、5や6は、ちょっと違うかもしれないけれど、1〜4はすべて頭を使う仕事。
言ってみれば、どれも企画立案と設計の仕事であって、僕の中では
同じ回路、経路を使ってやっています。

「ヒットするには、うまくいくには、これが大事」というのが僕の中にあって
ほとんどすべて、同じような考え方で考えています。
これは、実際、僕と仕事をしてくださった方は、強く頷いてくれると思いますが
大事な「核」みたいなものを考えて、それに具体的な「枝葉」を付けていきます。

僕流のやり方なんでしょうけれど、僕流だから、僕が仕事をする意味があるわけです。


もう1つあるのは、すべて「消費者/生活者」を相手にしたものであるということ。

いわゆる「B to B」的な仕事は、やってません。
そういう仕事は、営業的とか組織的な要素が大きいというのもあるけれど
僕の場合は、「利用する人の立場に立って考える」というのが根本にあるので
「消費者/生活者」を相手にした仕事ばかりとなります。

それもなるべく、閉ざされた集団を相手にしたものより
なるべく幅広い層を対象にしたもの、わかりやすく言えば、老若男女誰でも
受けることができるサービスがメインです。
これは、得意不得意の話ですね。


というわけで、長くなりましたが、そろそろ。

少しでも、僕のやっている仕事が、伝わったなら嬉しく思います。
具体的ではないのが、申しわけないんですけれど。


マンガで『ザ・シェフ』というのがあるんですが、それと似ています。

主人公は雇われのシェフで、レストランから依頼を受けて
レストランを流行らせて、去っていく、というのが彼の仕事なんですけれど
クライアントと、ヒットという目的ありきの仕事なので、そんな感じ、がいまの僕の仕事。

90年代は、ゲーム業界にいて(いまもたまにゲームは作っているんですけど)
すべて自発的に、自前で、仕事をしていた自分が、この10年は、ガラっと変えて
職種だけではなく、仕事のスタイルも、やり方も、すべて変えて
それなりにうまくいっているので、とても有り難く思っています。

ものの見方にもよるんでしょうけど、経営的な意味では
ゲーム時代よりも、いまのほうがうまくいっています。


ちょうど、今年の年末で、ゲーム業界から離れて、新しい仕事をして10年になります。
「継続は力なり」とはよく言ったもので、最初の数年は、実績もなにもないので
仕事がまったくない時期もあり、ものすごく大変でしたが、経験も成果も
ある程度積むことができたおかげで、いろいろな仕事に携わることができるようになりました。

近年では、依頼される仕事が、どれも魅力的で面白い仕事ばかりで
また、僕の力が発揮できる仕事にフォーカスできることも多く、感謝しています。


これを読んでいるみなさんも、もし、必要な機会がありましたら
いつでも声をかけてください。


継続的に流行らせる「種」を作るのが、僕の仕事です。

Posted by eno at 12:44 AM