October 23, 2009
おはぎ。

ohagi.jpg

まぁ、疲れてるんだな、と思って聞いていただきたい。

出だしから、なんですが。


疲れているときに描く画、というのがある。

なんというか、もう1つの人生というか。

それは、こんな感じ。


僕は、和菓子屋をやっている。

といっても、小さな和菓子屋だ。


古い店。

親から継いだのか、誰かから譲ってもらったのか。


「和菓子屋」なんて、そんな偉そうなものでもない。

少なくとも、近所ではそう呼ばれていない。
「飯野さんとこ」とか、そういう感じだ。


すごく小さな店。

テイクアウトオンリー。


店先のショウケースに、いくつか和菓子が並んでいる。
いくつか、といっても、メインは「おはぎ」だ。


だから「おはぎ屋」とか「おはぎさん」とか呼ばれているかもしれない。
ま、どうでもいいことだけど。(-:


おはぎと、あとは、団子とか、ちょろちょろっと。

いっぱい作るの大変だから。


そんなに味に自信があるわけでもなく
とはいえ、適当に作っているわけでもない。


遠くから買いにくる人なんて滅多にいない。

ご近所さんが、たまに店にやってくる感じ。


「すいませーん」なんて呼んでくれないと出てこない。


そんなに頻繁にお客さんが来るわけではないから
いつもは奥に引っ込んでいて、寝転がってテレビを見ている。

DVDとかね。あとは好きな本を読んだり。


「すいませーん」と2度くらい呼ばれたところで顔を出す。


「おっ、西川さんいらっしゃい、今日はいくつ?」

「じゃ、おはぎを4つで」

「もう寒いから、お父さんも工場のほう大変でしょう」

なんて言いながら、おはぎをケースから取り出して包む。


「そういえば、中西さんとこのあっちゃん!」

「結婚したんだって?」

なんて会話をしながら、商品を渡し、代金を受け取る。


お客さんが店を去ると、また中に引っ込んで
テレビの続きを見たり、DVDの一時停止を解除したりする。


すると、夕食の材料を買いにいったカミさんが戻ってくる。

「ただいまー」

「おいおい、裏から入ってこいよー」

「だって、お客さんなんていないじゃない」

「まあ、そうだけどよ」


と、そんな毎日。

ものすごく憧れる。


店の名を、もっと広めようとか
味を拘ろうとか、コストを下げようとか
そういう努力は一切せずに
ただ、街の1つの役として、存在するお店。

の店主。


ああ。

いいなあ。


......はい。疲れてます。

kini4badge.jpg

「気になること。4」のバッジが出来てきました。

1つ前でもお伝えしましたが
ありがたいことに、通常の回と、通しのチケットはソールドアウト。

現在、深夜の打ち上げの回のみ、チケットがまだ残っております。

とはいえ、ちょっと前の時点で
打ち上げ、もう100人以上参加があるのですが。

ありがたいことです。


夜の普通の時間には来れない、という人も
まぁ、ただ単に飲みにいくか、くらいのノリで
ぜひ、ご参加くださいませ。

「お試し」みたいな感じでも。


お待ちしております。

Posted by eno at 05:45 AM
October 22, 2009
カイジが帰ってきた。(と信じたい)

newkaiji1.jpg

カイジが復活した。


新シリーズがスタートし、やっとコミックの1巻が出た。


僕は、あるときから、マンガはすべてコミックで読むようにしているので
(連続して読みたいから。できれば終わってからまとめてなんだけど)
週刊で読むみなさんに遅れて、やっと新シリーズが読めた。

読んだ。


「もしかしたら、やっと"あの"カイジが読めるかも!」

と思った。


僕は「カイジ」の、最初のシリーズ(賭博黙示録)で大ハマリした。
(いま映画やってるあたりね)


素晴らしい設定&設計。
めちゃくちゃなゲームを舞台に、追いつめられた極限の状態によって
人間関係、人間模様のドラマを描く。

こりゃうまい設計だと興奮して読んだ。


だけど、最初のシリーズの後半、「ティッシュの箱ゲーム」あたりから
なんだか調子がおかしくなっていって、そのまま終了。

続いてスタートした新シリーズは、題材がなんとチンチロリン(サイコロ)。
それがずーっと何年も続いた。ぜんぜん僕の好きな「カイジ」じゃなかった。

やっと終わったと思ってスタートしたシリーズは、題材がなんとパチンコ。
それがずーっと何年も続いた。ぜんぜん僕の好きな「カイジ」じゃなかった。

やっと終わったと思ってスタートしたシリーズは、題材がなんと麻雀。
それがずーっと何年も続いた。ぜんぜん僕の好きな「カイジ」じゃなかった。
......ていうか、「いい加減にしてくれ!」とさすがに思った。


2000年以降、ずっとそんな感じだった。

「焼き土下座かよ!」とか言ってた、あの頃のカイジが読みたかった。

ずーっと、カイジが、僕の好きなカイジじゃなかった。


そんな中で、さらに新シリーズ。
ほぼ最初から諦めかけていながらも読んだ。

そしたら違う。
なにかが違う。

昔の「カイジ」のような「なにか」を感じるではないか。


やっと戻ってきてくれた。(かもしれない)
福本さん(作者)が、やっと目覚めてくれた!(かもしれない)

ぬるさのない、鋭さを持った世界を久々に感じた。
「零」とか「黒沢」とかじゃない、これは「カイジだ!」(と信じている)


最新刊、1巻の半分が
劇中劇(カイジの中の登場人物による小説)ということくらい
「わはは。ユニークでいいじゃないか」と思えてしまう。

1巻終わって、まだその小説終わってないんだけど。


これから先を期待したい。

やっと「カイジ」が戻ってきた!!(かもしれない)

newkaiji2.jpg

ところで、来月にもう迫りました「気になること。4」ですが
いつもに比べて、チケットの売り切れが遅いので
「おかしいなあ・・」と思っていたのですが
なんと、ロフト側のミスで、とっくにソールドアウトしてたことが発覚。(-:

規定枚数以上、売ってしまったようで(具体的にはこわくて書けない・・)
当日は、いつも以上の「超満員御礼状態」になるかと思いますが、申しわけないです。
(いつもソールドアウト満員なのに、それ以上っていうのもヘンな話ですが)

ということで、通常の回と、打ち上げ(深夜)との通し券は、売り切れ(て)ました。
ありがとうございました。

なんですけれど、深夜開催の打ち上げ「のみ」のチケットはまだ
残っておりますので、ぜひご参加くださいませ。

よろしく。
お楽しみに!

<イベント『気になること。4』の詳細はこちらです>

kini4soldout.jpg

「打ち上げのみ」も楽しいですよ。(-:

Posted by eno at 10:54 AM
October 20, 2009
クレヨン

crayon1.jpg

昨日は、体調も悪く、睡眠不足だったので、早々と家に帰った。

早退。
帰って即寝しかないと。

しかし、家に帰ると、カミさんが苦しそうで
ものすごい頭痛がするらしく、それが歯から来ているようで
僕がこんなに早く帰ってくるならと
急いで歯医者に行きたいとのことで
次男の面倒を見るように言われ、家を飛び出された。

あれ。
僕の睡眠はどこへ。

ま、1時間くらいがんばるかと思うと
すぐに、次男が、「描け」と言ってくる。

クレヨンと、ノート。

マジですか?

湘南新宿ラインを描けという。

そういうんじゃなくて、もっと簡単なのだめ?

「ノノノノイン(湘南新宿ラインの意)!」と
繰り返しオーダーを出してくるので、がんばって描く。

次は山手線。

1つじゃないの?

湘南新宿ラインを大きく描きすぎたので、その下に描く。

ん? まてよ。
この流れだと、成田エクスプレスの依頼があるぞ。

前回のblogで書いたが、しかし、まだ練習はしていない。

と、やはり成田エクスプレスのオーダー。

厳しいなあ。

大きなノートの左下に小さく描いた。

crayon2.jpg

結局、1時間、フルでいっぱい描かされた。

Posted by eno at 04:47 AM
October 14, 2009
成田エクスプレス

naritaexp.jpg

久々に、2歳の次男と風呂に入った。


水で流して消える、お風呂で使うクレヨンがあった。
知らない間に、買ったのだろう。


成田エクスプレスを描けと言われる。
息子は電車が好きで、成田エクスプレスが特に好きだ。


赤いクレヨンと青いクレヨンを使って描いた。

描くのは、お風呂の壁、というキャンバス。
それなりに大きいわけで、大きく描いた。


次はイチゴを描けと言う。

赤いクレヨンと緑のクレヨンを使って描いた。

赤と青と緑の3色しかないのだ。


すると突然、「ぼちゃ!」と言う。

絵の依頼であることには違いないが、「ぼちゃ」とはなんだ?

「ぼちゃ? ......ぼちゃってなに? わかんないよ」と言うと
ものすごく悲しいとうか、がっかりした顔をする。

「えー、ごめんごめん。お茶? 違うよな。......あ、わかった!
 かぼちゃか!」と言って、描くと、喜んだ。


次から次へと依頼が来ては描いたので、スペースがなくなってしまった。


お風呂のお湯をちゃっとかけて、成田エクスプレスを消した。
最初に描いただけあって、かなり広いスペースを取っていたからだ。


すると、成田エクスプレスは、まるで涙を流したかのように
水のつぶつぶになって、下に流れて落ちていく。


次男を見つめる。

驚いたような顔をしていた。

せっかくの成田エクスプレスを、勝手に流してしまった。

「ごめんごめん」と言い、「もう一回描くから」と
消した上から描こうとしても、水で濡れているためうまく描けない。

あれ......っ。

線は薄く、描いたそばから流れていく。


次男の顔を見る。

ごめん、ごめん、ごめん。


決めた。

お詫びに、成田エクスプレスの絵を練習することに決めた。

次に一緒に風呂に入るときは
電車が通過する音が聞こえるくらい上手に描いてやる。


新型車両も練習しなきゃ。

Posted by eno at 04:36 AM
October 01, 2009
飯野賢治とヨシナガの「気になること。4」〜光という影を求めて〜 +打ち上げ (-:

kini4_logo(blog).jpg

さて、早いもので、前回のトークライブから、もう半年が近づいておりまして

「気になること。4」のチケット、本日発売でございます!!


そして、今回は、本編だけで終わらず
なんと、その後の「打ち上げ」もあるんです。


本編+打ち上げの、二本立て!!

無茶するなあ。無理するなあ。後で反省しそうだなあ。


飯野賢治とヨシナガの「気になること。4」〜光という影を求めて〜


前回まで、ありがたいことに、すべて前売りソールドアウトでしたので
「行こうかな」というかたはぜひ、お早めにチケットを、ぜひに。ぜひ。


公演の日時は、2009年11月7日(土曜日です)

まず、本編。いつものやつです。(-:

説明ないんかい、という気もしますが
説明する内容もあるんかい、という気もしました。


【場所】新宿ロフトプラスワン
【出演】飯野賢治、ヨシナガ
【ゲスト】特別ゲスト予定!

OPEN18:00/START19:00
END22:00+サイン会あり

¥2000(飲食代別)
※チケット購入は一人5枚まで。
※参加者全員に気になるグッズ(オリジナル缶バッヂ)プレゼント!

※前売券は10/1(木)よりローソンチケットにて発売。
Lコード「31395」

eno blog
http://fyto.com/eno/

僕の見た秩序。
http://www.dfnt.net/

キニマルちゃん
http://twitter.com/kinimaruchan


そして、打ち上げ。


みんなで打ち上げ「気になること。4.5」


飯野賢治とヨシナガの「気になること。4」の参加型オールナイト打ち上げ!

飯野賢治とヨシナガが、普段イベント後に居酒屋で話しているような本音トークを
始発運転の時間までアットホームに展開します!
普段のトークライブでは聞けない本音が聞けるかも......?


2009.11.7(SAT)

【場所】新宿ロフトプラスワン
【出演】飯野賢治、ヨシナガ、みなさん...?
【Guest】特別ゲストがいる...かも?

OPEN23:30/STRAT24:00
END翌5:00

¥1500/当日未定(共に飲食代別)

※前売券は10/1(木)よりローソンチケットにて発売。
Lコード「31396」

※東京都の条例により18歳未満の方の入場はできません。
御来場の際には、年齢の確認できる身分証が必要となります
又、未成年者へのアルコールの販売も固くお断りします。

※夜+深夜通し割引券(¥3200)販売あり。

10/1(木)よりローソンチケットにて発売【Lコード:31395】


ということでございます。
初めての2部制。

もともと、いつも終わってから、近くで長いこと打ち上げしているので
だったら、それもオープンにしちゃったほうが面白いんじゃないの?
ということから、こうなりました。
反応悪かったら、今回で終わりますので、場合によっては貴重な体験かと。


チケットはもう、全国のローソン設置の端末Loppiで
Lコードを入力することで購入できます。


本編と打ち上げの(両方参加)「通し」チケットもございます。
(若干値段も安くなっております)


「通し」、或いは、「気になること。4」のみ、という方は

Lコード「31395」を入力してください。
(その後の画面でどちらにするか選べます)


「打ち上げ」のみ参加、という方は

Lコード「31396」を入力してください。


上記Lコードを、ローソンに設置してある、Loppiで打ち込んで購入も可能ですが
事前に、ローソンチケットで取得しておくことも可能です。

<<ここをクリックすると、ローソンチケットのページへジャンプします>>


それでは、お楽しみに!!


ぜひ、ソールドアウトとなる前に(強気)、お早めに!


可能でしたら「通し」で!(-:


打ち上げは、余っちゃう気もしますが。。

Posted by eno at 07:09 AM