February 28, 2009
Get back.

march25.jpg

Get back, get back.

Get back to where I once belonged.

Get back, get back.

Get back to where I once belonged.

Get back Jo.


Last time,,,,,,,,,, When? (-:

Posted by eno at 09:54 PM
February 27, 2009
雨に遊ぶ。

amegame.jpg

今日は東京、雪が降っている。

この冬では、初めてまともな雪のように感じるが
そう言ってる間に、雨に変わってきた。


雨に変わっていく雪が降る庭を見ながら思ったのだが

「雨が降っている間だけプレイできるゲーム」ってのはどうだろうか?


GPSを積んでるデバイスであれば実現できそうだ。

もちろん、ずれは起こるだろうから
雨が降っている間だけできる、という絶対の形ではなく
雨が降ると現れる、なにかキャラクターがいて......
というようにすればよいだろう。


もう古い言葉のように感じるが
ユビキタスな世の中になってきて、その反面
「いつでもどこでも」可能というのは、あまり面白くない。

ケータイ電話がない、固定電話の時代のほうが
知り合ったばかりの若いカップルの恋も盛り上がったものだ。

いまやカールさせる電話のコードもない。


エンターテインメントのコンテンツの場合
それをさせる「きっかけ」というのも重要である。
言い換えれば、想起させるきっかけ。

いまでも、明日でも、明後日でもOKなら
じゃ、明日でいいやで、明後日でもいいや、となってしまう。

テレビが強いのは、「今晩7時!」である。


「雨しか遊べない」であれば
雨が降ったときに→「あ、あのゲーム!」と思い出す。
で、プレイする。


雨が降ったら、現れる、「雨の妖精」がいてもいいし
雨が降ったら、現れる、「雨の城」でもなんでもいい。


雨というのは、どこか憂鬱である。

天気予報で、「来週は一週間、雨の日が続いて......」なんて
言われると、どこかしょんぼりした気分になるが
それが、「チャンス!」という気分に変わるだけでも
雨が降っている間しかできないゲーム、というのは
面白い効果があるのではないだろうか。


「結局、先月は殆どプレイできるときなかったよなあ......」

なんて、それだけでも面白いなあと思ってしまうのだ。

Posted by eno at 12:06 PM
February 25, 2009
願望とお金

flw3.jpg

先日、知人が、とある夢を語っていた。
夢というか、「こんなことやりたい」という願望だ。

でも、金がない、という。
がんばって貯めろよ、と思う。言う。

だけど、そのやりたいことの内容が、わりと同意できるというか
応援したくなるようなことだったので
「そんなんだったら、友達100人くらいにメール送って
『こんなことやりたいんですが、1万円カンパご協力ください
 もしよろしければ、ほかの方にも転送してください』
って頼んでみたら、どうだ?」と伝えた。

でも、たしかに、直接会って頼まれれば
「まー、協力するか」という気にもなるが
メールで投げられても、実際に振り込みするというのは
なかなか、そこまでいかないかなあと思う。


そんなことがあった後、駅前に行くと
「募金、ご協力お願いしまーす」と、やっていた。

そこで思う。

なんか、そういうキオスク端末作ったら、どうなんだろう?


SUICAとか、ICOCAとか、PASMOとか、Edyとかの
電子マネーのカードやケータイの読み取り機が付いた端末。

ピッとやると、500円とか寄付できる。

そんなにサイズは大きくなくてもよいわけだ。

寄付してほしい理由とか、その目的が書いてあればいい。

場合によっては、ビデオが流れたりしてもいい。

真面目なものもあれば

「彼氏にフラれて落ち込んでます。ハワイに行きたいです。
 希望額:100,000円 現在:15,500円」、とかそういうものでも。


ぜんぜん知らない他人に、「そのくらい自分で貯めろよ!」と言わず
「ちょっと協力してあげようかなー」というのも面白いなあ。

どうなんだろ、500円くらいなら。
「ハワイに行けたら、旅先から写真送りますんで」みたいな。


或いは、iPhoneのアプリにするっていう手もあるのか。

『MyDream』とかいう名前のアプリ。

「無人島で1年間暮らしたいんです。
 10000ダウンロード達成したら実行します。
 向こうでの暮らしは衛星電話を使ってアップします。
 ぜひ、準備金をご協力ください。(115円)」とかそういうの。

最初は、ただの寄付アプリでしかないんだけど
達成後は、その彼の無人島での暮らしを閲覧できるアプリになる。
写真とか音とかテキストとかね。


あ!

......blogを暫く休んでしまうほど
なんというか、きっと参っているんだと思います。
ぜひ、「がんばれ!」の気持ちを込めて
『newtonica2』を買ってください(115円)。(-:
iPhoneやiPod touchを持ってないという方は
ぜひ、iTunesで『newtonica』の楽曲を買ってください(1曲150円)。

<<ここをクリックすると、APP STOREの『newtonica2』に繋がります>>

<<ここをクリックすると、iTunesの『newtonica』楽曲ページに繋がります>>

この手があったか。(-:


ちなみに、『newtnonica2』は、「resort」や、無料の「lite」もリリースされました。
まとめてこちらでどうぞ。

『newtonica player』もバージョンアップされました。

Posted by eno at 05:35 PM
February 24, 2009
再開。

flw1.jpg

だんだん暖かくなってきましたね。

なにごともなかったかのように再開させてください。

しばらくちょっと旅に行ってました。

ま、旅と言っても、恵比寿近辺にずっといたわけですが。


そういうわけで、久しぶりですが、再開したいと思います。

再開祝いメッセージでもください!(-:


しばらく離れていたお詫びに、newtonicaのライブ音源をアップしておきます。
大音量でお楽しみください。

いやあ、テクノってのはいいやねー。


newtonica_live09.mp3

(少しファイルが大きいですが。enjoy!)

Posted by eno at 12:25 PM